第36話
-2005年3月号(05.02.19)掲載-

This Month Story(概要)
ネイがカルを追った先は神に近し存在「巨人族」の領域(テリトリー)。そこで彼女が見たものは氷漬けにされたかの一族たちの壮絶な有様だった。彼女は思う、両目を失ってからの彼はあまりにも無謀すぎる、まるで・・・。
その時、彼女が追っていた彼は古巨人と対峙していた。相克により彼の最大魔法テスタメントも効力を成さない。だが彼はいう「死んだぐらいでは償えないのだ」と。彼・・・カルの執念は、贖罪とは、一体。

This Month BASTARD!!

Story &Setup Choice
ガラの出番かと思いきやカルのお話でした。よく考えたらカルの現在の動向がまったく描写されていなかったんだから当然ですね。

Charactor Choice
カル
両目失明ですか。世のカルファンなお嬢さんたちには相当ショックな出来事ですな。つか、俺の知っているバスタ好きなお嬢でカル好きな人っていたっけか。
でもまぁカルぐらいの魔法使いだと魔法とか触媒とかで目の代用っていくらでも効きそうなんでそう悲観的な事態でもなさそうな気がします。普通に距離感あるみたいだし。
それよりも昔あったニヒルでクールな印象が全然なくてひたすら必死ですよね。箱舟編がぶっ飛んでいる上に下書き系書物にもその辺は一切書かれていないので一体何があったのか気になるところ。できればこの最終節中で語られてほしいものです。

ネイ
お、菊池道隆フェイスだ(懐)
やっぱネイさまは可愛い顔より凛々しい方がおいら的には好みですな。
グリフォン君の書き込みがスゲーことになっているのを見るとやっぱハギーすげーぜと思う次第です。
ただなぁ、あくまで第三者視点としての役目しか担っていなかったので彼女の役割というのがまだ見えてこないのがちと残念かな。

巨人ズ
古巨人出てきたとき、「お、なんかカッコいいぞ。さすが神クラスだぜ」とか思ったのですがアップにしたらただのオッサンでかなり残念。巨人と言うとおっさんばかりなのでたまにはイケメン巨人とか見たいなと思います。できればナルシーで。
ちなみに水蒸気ネタがスチームボーイだと気がつくのに時間が掛かりました。


ConsiderationThis Month
今回は特に無いです。ゴメン。

a Summary & Next
うーむ、まだ微妙に設定話が続いていました。この調子で24巻は設定披露で終わりそうな気がしてきました。あ、それでもいっか。
VSコンロン〜VS堕天ウリエル戦までほとんど場面変化が無かったのに比べると最終節はかなり場面変化が激しいので物語自体はさほど進んでいなくても結構楽しめています。
うんちくの「HAQ本抜スイ」は微妙に笑えました。持っている人はぜひ探してみましょう。ちなみに私はリアルで書き込んでいた頃の事が走馬灯のように(マテ)流れていきましたね。「仕事の合間で忙しいだろうにおそろしく気合の入った答えだなぁ〜」って当時は思ったものです。
次回予測ですがこうなってくるともう次はなんだか分からないですね。楽しみに待つのみです。

etc
内容的には満足しているのですが書くこと無いので短いですね・・・うーん、どうせだから穴埋めな感じで今月のウルジャンの一言感想集でもやってみますかね。
・・・と言うわけで、

出張!今月のウルジャン



CLOTH ROAD
モデルが戦闘すると言う設定もさることながら内容もぶっ飛んでいてなかなか好きです。
一見心優しいスーパーマンは実は表面面だけというお約束のパターンを踏襲しつついよいよハイレベル戦が始まりそうな予感。

僕と君の間に
ほとんど見てない。この間までやっていたアマゾネス編が微妙にエロかったという印象しかない作品。UJ買っているくせに読まない作品結構あったりするんだよねえ

ULTRA GRAPHICS(その1)
天天なので心動かされるのですがPinkyに興味ないので結局予約せず。

天上天下

中華娘の「敵」発言ワラタ。さらに真夜たんの誤白キター。
なんかよく分からんうちに急展開だなぁ。いよいよ佳境ですかな。時に鳥頭のお兄さんって結構年いってそうだよね。バキワールドだと100歳近いかも知れず。

Happy World!
この漫画もよく分からんよなぁ。メインが見えないのでなんでこんなエピソードやってるの?みたいな感じ。ただエロいのでなぜか見てしまう。で、今回も例に漏れずエロかった。

皇国の守護者
泥沼戦闘の緊張感がたまらんです。ペット(ぉ)の虎が可愛いくてかっこよくておっかないのも良い感じ。

ULTRA GRAPHICS(その2)
大暮氏画の「ポールを足蹴にする飛鳥」の図がたまらん。鉄拳5はこの飛鳥と吉光のコスの為だけに買ってもいいかもしれん。むしろそのために買う。

ニードレス
神父のロリ性癖が暴露されてから妙にギャグチックになったなと思う今日この頃。そうじゃなくても緊迫シーンなのに緊迫感がないのはこの作者の持ち味なのであまり気にしていませんが。うーん、でも緊迫感は多少ほしい気もするなやっぱ。

ボクのふたつの翼
なんかスゲー展開になっているのですが俺的には妙に作品世界がクリアになったので良かったかなと。あの二人が姉妹じゃないかなぁとはなんとなく思っていたのですが本当にそうだったのはビックラです。
この作品、メインヒロインよりその娘たちのママの方が好みなんですが・・・歳ですかねぇ。

ROD
見ていないのでパス〜

蒼のサンクトゥス
毎月見ている割には良く分からん作品だなぁと思う。要するに見ているのだけれど読んでいないからという事か。今月のポイントはチラッとうつるお姉さんのお尻だと思うのだがどーよ。

破壊魔定光
デビルマン的展開な感覚で見ています。つか、まともに読んでいないかもしれない最近。もう終わっても良い作品だよな、これ。見所は風呂です。それ以外ないです。

ぷちモン
七瀬葵氏の作品なのでキャラ設定をもうちょっと上にしてもらうと見る気満々なんですが・・・今月はニャムがエロ成長を果たして格ゲーむちゅめ化しているのでそれが良し!是非猫娘属性の彼に見せてあげたい。

妖怪パラダイス
見てない

アガルタ
よく分からないので見てない

天獄
毎月見ているがさっぱり話が見えない。つか、曲解なしでただのロリ漫画だよなぁ。

以下省略



本当に埋め合わせだなぁ〜。ちなみに来月もやるかどうかは分かりません。たぶんやら無いと思いますが。ではまた来月。

Writing finish 2005/02/20

ここで公開しているデータの無断引用を禁じます。
system:CGIROOM

BASTARD ―暗黒の破壊神
コミック版
01/02/03/04/05/06/07
08/09/10/11/12/13/14
15/16/17/18/19/20/21
22/23/23限定/24

BASTARD!! 完全版
完全版

01/02/03/04

OVA
アニメーション

01/02/03/04/05/06
DVD

ビデオゲーム
ビデオゲーム

SFC/PSOne