第34話
-2005年1月号(04.12.18)掲載-

This Month Story(概要)
「ある男に説得されてな・・・」、ドワーフの王ビヨ〜ンは語りだす。ハラを決めたあの日の出来事を。
ドワーフ王国地底王都フレイムシン、そこには一人の異種族なる客が訪れていた。彼は言う。メシアは覚醒し既に多くの奇跡を起こし多くの種族の人々を導いているそして既に十何万の群集となっている、だから・・・。それに対してドワーフの王はこう問う。メシアの存在は信じよう、しかしそれがメシアだと言う証は誰が立てると言うのだ、いったい誰がその証を立てる者「エリヤ」だと言うのか。まさかそのエリヤが自分だと言うのではないだろうな「至高王カル=ス」よ、と。
怒気を孕みながら強く問うビヨ〜ン。それに対し客・・・カル=スは言葉を返さない。
続けて雑言をはき続ける王に対して止めるものがあった。英雄ラーズ・ウルである。
彼は言う、カル=スは間違いなくエリアであると。それは奇跡を目の当たりにした私が保証する、とも。その確信に充ちた言葉と態度に対して、ドワーフの王は決断した。その導きを信じることを。
いま、悪魔に拮抗しうるために奈落落ちから生き延びた多くの人間が種族が集結する。導きにすべての望みを託して。

This Month BASTARD!!

Story Choice
まだまだ続く状況説明。既存キャラの生存報告も兼ねてと言う感じでしょうか。エルフの紹介もまだ終わっていないのであと数ヶ月はこんなノリかな。ただ、今までに比べると物語は確実に進行していると言う印象は受けますね。

SetUp Choice
今月は特に書くこと無し。ラーズが生きていましたよーん=ほかの連中も生きている可能性大と言うことぐらいですかね。

Charactor Choice

ィエロィ・ビヨ〜ン
やはり、ドワーフの特性(?)とも言える「お宝系に興味津々」は健在でして、同盟に参加している理由の一端がそこにあると言うのが人間味あふれていて面白いです。変に堅苦しい理由のためとか言われるよりこう言った俗物的な感性がどこかにあったほうがキャラ的に魅力ありますね。で、こういうオヤジに限って死に様壮絶でカッコイイわけですよ。今後も要注意キャラ。

カル=ス
全国1200万人(超推定)のカルファンがあまりにも久しぶりな登場に狂喜するとともにキズモノになっているそのお顔に絶叫してしまっていることでしょう。やっぱ、「男の傷は人生の云々カンヌン」ってやつですか。
当初からそうではないかと言われつつも否定的な部分が多かった「アダム=カル」ですが、ここにきて全面否定と相成りました。とは言っても結局メシア(アダム)と深く係わり合いのあるキーパーソン、エリヤとしての登場です。
こうなると基本的にはDSとは対極的な立場になったわけでして・・・まぁアンスラに操られていたときのような対立関係でもないし、あんまバトルとかはなさそうですけど。二人が再開したときのはじめの一言が非常に楽しみです。

ラーズ・ウル・メタリカーナ
再登場で益々草尾毅キャラ化しているな。
一応説明しておきますと草尾毅氏は声優さんで昔CDでラーズの声当てたことあるんですよ。ちなみにOVAのラーズの声は菊池正美氏。で、草尾氏は熱血バカ(誉め言葉)の役が多いわけでして一時期「熱血勇者=草尾」の時期もあったようななかったような感じです。
フォルム、風格、言動共に勇者キャラとしてバージョンアップです。多分掛け声とか決めポーズとか立ち位置とかも勇者様ロードに恥じないものに違いありません。
しっかし・・・いつもあんな大剣背負って歩いているのか。

エトセトラ
バスタの世界ってあんなに亜人類がいたのねぇ。ウサミミ種族とか萌えなのか?萌えなのかやはり。ちなみにこのカット見たときの第一印象「富樫な世界?」いや、脈略無いんですけどね。なんかハンターハンターと被ったので。


ConsiderationThis Month
メシアとは?
・・・と、大々的に平々凡々な予測とかしようかなぁとか思っていたのですが、なんと31話感想分でそのネタを使ってしまっていました・・・残念。そんなわけで今回は無し。

a Summary & Next
先月休載してしまい「今度も駄目・・・」と落胆を隠せなかったのですが今月のクオリティを見る限り大丈夫か・・な?と思っています。既に願望の領域。
今までに比べればはるかに安定してきているので喜ばしい傾向なのですがいかせん展開が遅いのでお休みは単行本の直しの時だけにして欲しいです。そうじゃないと最終回までみれる自信がそろそろ・・・(^^;

etc
意外と書くこと無いですね。やっぱ設定話しているうちはネタが大変です。あと、自分自身のモチベーションが今月は低かったのもありますが。次回はたくさんかけるネタとモチベーションがあるといいなぁ



Writing finish 2004/12/23

ここで公開しているデータの無断引用を禁じます。
system:CGIROOM

BASTARD ―暗黒の破壊神
コミック版
01/02/03/04/05/06/07
08/09/10/11/12/13/14
15/16/17/18/19/20/21
22/23/23限定/24

BASTARD!! 完全版
完全版

01/02/03/04

OVA
アニメーション

01/02/03/04/05/06
DVD

ビデオゲーム
ビデオゲーム

SFC/PSOne