第33話
-2004年11月号(04.10.19)掲載-

This Month Story(概要)
森の中を突き進む、甲冑に包まれた者達と子供たちの集団。嘗てメタ・リカーナの騎士団長であったボン・ジョビーナ達騎士団とホビビットのもの達である。
哨戒中の彼らは滝のそばで巨大な物体に遭遇する。
暗黒体(アウゴエイデス)
悪魔の究極戦闘形態とも言える異形の躯体がそこにあった。大きさからにして子爵級。
それは全く身動きをせず何かを探っているようにも見える。
会議場の近くと言う事もあり一同が危機感を感じた・・・まさにその時、上空の空間が歪みそこからは飛空挺が現れた。
白きその飛空挺には未だ議場に姿を現していないエルフの代表たちが乗っている。当然のごとくその存在を確認した暗黒体はその前に立ちはだかり致命的ともいえる一撃を放った。その様子を傍観した誰もがその存在の消滅を疑わなかった・・・が、現実はそれを裏切り無傷の飛空挺がそこにあった。
さらに驚くべきは突如その前に現れた巨大な星幽体(アストラル)。暗黒体のそれの数倍はあるだろうその巨体は無言のまま強力な一撃を暗黒体に打ち込む。まるでガラス細工を破壊したかのごとく一瞬で砕け散る暗黒体。すべては一瞬の出来事、まるで幻、しかしそれが目の前に起こった現実。
巨大なアストラルはその役目を終えたかの如く姿を消し、飛空挺は何事もなかったように議場へと向かう。
巨大なアストラル・・・人はこう呼ぶ、忘れられた神々、古えの神々と。

This Month BASTARD!!

Story Choice
またしても状況説明、設定露出ということで割愛。

SetUp Choice
ついにと言うよりは全く予想だにしたなかった「古えの神々」参戦です。巷では「ついにメガテン化かよ」と言う声もありますが、メガテン上等。面白けれりゃオマージュだろうがどっかで見たことあるだろうが関係ありません。ようは素材をどう料理するかですから。
古えの神々と言えばやはりいのまたむつみイーノマータですよ、接吻処女神(マテ)。ぜひ出てほしいよねぇ。やっぱ癒し系ですか、萌え系ですか。伝承既存神も良いんですけど個人的にはこういったバスタオリジナルな神々のご尊顔を拝したい限りです。

Charactor Choice

ボン・ジョビーナ
やっぱ生きていたよこのジジイ!
バスタの世界において「おもろいキャラ」は生き残ると言う法則がここにも生きているようで。でもいるっきりですげー出番なさそう。

名前がわからないホビビットさん
プレで紹介あった気がするんだけどすでに本書は捨てられているのでわからず。
なんとなくオヤジ口調が気になりました。容姿から実年齢が読めない種族なんで意外といい歳いっているような予感。

エトセトラ
暗黒体とか古えの神とか・・・・うぁ書くこと無い。


ConsiderationThis Month
古えの神々
BASTARD!!において世界の創造主は唯一神であり統治(支配?)を実施する尖兵として天使たちが存在します。
物語当初から登場する古えの神々、例えばイーノマータなどは神が創造した被造物のバリエーション、あるいは個人が神格化したもの達という設定になっています(Q&A参照)
彼らは信仰等の所謂「知名度」によりその存在やエネルギーの高さが決定されるのですが400年前の大破壊の時に彼らの存在を象徴する建造物(神社や神殿)を失い、その実権を失っています。
ただそれで彼らが消滅したわけではなくあくまでマテリアル(物質)界に出てこれないだけで、常にその実権を握るため動向を見守っていたようです。それは物語に時折出てくる「古代魔術」にも象徴されているかと思います。
改めて考えるとバスタードの世界観に於いて古代神は意外と大きなウェイトを締めていて、彼らの存在があるからこそ他とは一線を画した物語を構築できたともいえます。
そんな重要でありながらあくまで裏方を務めていた彼らがいよいよ表舞台に出てきたのは物語としてはあるいみ必然だったのかもしれません。
人類側に組するのも神(又は悪魔)を敵とみなしている点からも至極当然の利害関係の一致と見るべきでしょう。
個人的に興味深いのはこの行為がつまり「召喚」的な行為であり、おそらく対抗しうるに相当数出てくるであろう古の神々を呼び出すためのバックボーンでしょうか。おそらく唯一彼らを召喚しうるであろうエルフ族はそのルーツをたどると「十賢者」に通ずる種族です。思うに、霊子力全開で命削りながら召喚しそうな気がしています。


a Summary & Next
先月の続きは来月以降と言うことで、今回は人類側の主戦力の紹介って感じでした。この分だとあと二ヶ月は設定話で終わってしまいそうですがきっちり連載していれば問題ないかなぁと思います。
実際のところはわかりませんが先月と比べてもクオリティに変化が無いのをみると遂に「連載時のスタンス」が確立されたのかなと期待してしまいます。つか、すでに願いの領域(笑)


etc
今回発売から掲載まで一週間程経過してしまいましたが、平日発売の場合まず当日(翌日)掲載は無理かなぁと思います。最近帰り遅いので。出来るだけ早めにアップできるように努力はするつもりではおります。
それでは



Writing finish 2004/10/26

ここで公開しているデータの無断引用を禁じます。
system:CGIROOM

BASTARD ―暗黒の破壊神
コミック版
01/02/03/04/05/06/07
08/09/10/11/12/13/14
15/16/17/18/19/20/21
22/23/23限定/24

BASTARD!! 完全版
完全版

01/02/03/04

OVA
アニメーション

01/02/03/04/05/06
DVD

ビデオゲーム
ビデオゲーム

SFC/PSOne