第30話
-2003年10月号(03.09.19)掲載-

This Month Story(概要)
人類側唯一の最終兵器ルシファーとの融合(ヒュージョン)は諸刃の剣。それは献体者の魂を確実に蝕んでいき、最終的に待つものは完全なる消滅。
ルシファーは契約者と自らをデバイスコネクタによって繋げ始める。
その様は2000年前、ゴルゴダの丘で張り付けられたアダムである「キリスト」を思わせる直接的な接続。両手両足は打ち抜かれ、脊髄には容赦なくコネクタが打ち込まれていく。何事にも耐え難い激痛の中、召還者であるD.S.はルシファーの中へと取り込まれ融合を完成させる。堕天してしまった嘗ての神の御使いと相対するために。
しかし、その行動全てがベルゼブブの予定通りであったことを彼は・・・・


This Month BASTARD!!
ちょいと遅れましたが今月のバスタです。先月に引き続き召還融合の課程で終わってしまい動き自体はあまりありませんでしたが、背徳の掟編の核が見え始めてきたようです。
今回は「まじめ」編と「おふざけ」編の二通りでお届けしたい・・・と思います。

まじめな感想
暗黒の「アダム」らしく十字架の貼り付けというのが良いですね。キリストがゴルゴダの丘ではり付けにあい殺された3日後に復活して奇跡を起こしたという逸話は有名ですが、これを竜戦士に「生まれ変わり」「奇跡を起こす」為の儀式に置き換えて解釈すると設定的に燃えます。生体兵器との同化時に脊髄をグサグサぶっさすのはお約束なのですが昔局所麻酔と称して背随に注射された事のある身とすれば「うわっ、痛そう」と思う次第です。

ベルゼバブが時々D.S.の行動に対して喜んでいるシーンがありましたが今回のラファエルから出た彼の真意「D.S.の完全消滅」が事実だとすれば合点がいきますね。
理由として考えられるのはD.S.を消滅させて彼が持っているジューダスペインを解放させる事と天使の光体の次にやっかいな存在「竜戦士」の存在の抹殺することが主なのでしょうけど他にもなにかありそうな気が。
例えばD.S.の中で封印(融合?)されている「ルーシェ・レンレン=光のルシファー」を解放してより完全なサタンを復活させるとか。D.S.の場合、闇のアダムという側面がありますが完全なホムンクルスという側面や天使の魂を有しているという非常に特殊な存在ですので如何様にも想像が出来ますねぇ。

ちなみにうんちくを一点。ラファエルが言っている相克ですが22巻冒頭でベルゼバブ等が述べているように神側のアダムと悪魔側の暗黒のアダムがいて双方は相手側のアダムを殺せない(つまり天使はD.S.を殺せない)事になっています(ルールです)。
ですが、あくまで「殺せない」だけであって傷つけることも虫の息にすることも出来ます。
あくまで「死なないだけ」です。

これ書くのに久しぶりに19巻から読んでみました。やっぱ続けて読むと面白いです。ちょっとコンロンがくどいですが(苦笑)。で、その中で気になった点が二点あったので揚げてみます。
#ほとんどメモみたいなもの。

○背徳の掟編II(19巻)に出てくる「魂が足りないので復活を急いでいる」逆さづりになっている人造人間「アダム・カドモン」の正体・・と言うか存在理由。

○D.S.に堕落したウリエルをけしかけるのが目的だったとしてなーんでベーやんは「君だけは生き残って欲しい」なんてセリフが出てきたのか。

あとコンロン妹の出番もまだですし、背徳の掟編はもうちっとかかりそうな予感。


ふざけた感想
如何にも生体兵器〜!!的なドッキングはかなーりナイスなんですが俺的にはGガンみたいな体にフィットな謎の粘着物質がからだを覆って「ウォーリアートレースシステムスタンバイ」とか竜戦士の中の人(モモーイ又は若本御大ヴォイスキボヌ)が宣いながら融合の完了を宣言。
軌道衛星上の黙示録砲が霊的デスバトルシグナルを確認したのちなんか怪しげなチビ竜戦士(眼帯着用)が戦闘ポイントに射出(次元無視)、


「アウゴエイデスバトル、レディーゴー!」

の掛け声で怪獣大決戦が始まるのを密かに希望していたりしていなかったり今設定したりしていました(意味不明)。

後、あれだ。当然ルシファーの様な超絶激燃え兵器は必要不可欠でありやすが、それに対局したもの・・・そう

アムラエル並の超萌えキャラ

が足りん。いや、いまの現状無理なのは承知なのだが一年半も待たされると見たいわけですよ。萩原先生の萌えキャラを。
とりあえずヨーコさんか最近まで天使の卵がはまっていた魔法(マテ)少女でキボヌしてみる。

とにもかくにも再来月から始まるであろう怪獣大決戦に激しく期待するわけで。
#来月はべーやんの真意で終わってしまうでしょうから。
肩口から大口径ビームサーベルとか出たらドキドキですね。


蛇足
見ている(知っている)人は多分ほとんどいないでしょうが現在進行が完全にストップしているヲタ小説「生贄」をそろそろ復帰させようかと画策中。こないだ「続きまだー?」とメールも頂いたんで考えてはいたのですがいい加減けりつけようかと思う次第。未完はさすがに嫌なので。
これかいている時点では残り2話なんですがWOWOWでやっている「スクラップド・プリンセス」の兵器群設定がバスタに近くて燃えます。例えばピースメーカーと呼ばれる人類監視システム群は執行形態というアウゴエイデスに近い形態を持っていたり、主人公サイドにはドラグーンと呼ばれる竜の因子を持った適格者と竜戦士と言った同じ関係の対抗兵器があったり廃棄王女と呼ばれる対ピースメーカー用ユニットがあったり。お話自体は全然違いますけど世界観が作られた世界と遙か昔に存在した超テクノロジーとかで似てるし。
自分個人だけで言えばこの作品を知った経緯が完全にバスタ経由だし(笑
DVDがそろそろリリースされていると思うので興味がある方は是非。原作は小説なのでお金のある方は是非。
#私は買ってないけどさ

公式WEB見ているとまだまだぎりぎり作業みたいで毎月ドキドキですがなんとか軌道に乗って貰いたいですね。出来れば毎月30Pぐらい希望です。
ではまた来月〜

Writing finish 2003.09.19

ここで公開しているデータの無断引用を禁じます。
system:CGIROOM

BASTARD ―暗黒の破壊神
コミック版
01/02/03/04/05/06/07
08/09/10/11/12/13/14
15/16/17/18/19/20/21
22/23/23限定/24

BASTARD!! 完全版
完全版

01/02/03/04

OVA
アニメーション

01/02/03/04/05/06
DVD

ビデオゲーム
ビデオゲーム

SFC/PSOne